野村総合研究所(NRI)Career Recruiting

Members 転職者メッセージ

ITアーキテクト/エンジニア IT Architect / Engineer

2020年キャリア入社 川西 潤

最新のクラウド技術習得と
働く環境の両立で選んだ、NRI。

私は新卒であるSIerに入社し、2020年にNRIに転職しました。前職ではグループ企業向けのシステム開発、グループ全体の共通フレームワーク整備、研究部隊と連携した未来のネットワーク技術検討など、多様な経験をしていました。

新しい技術に触れられる機会も多く、恵まれた環境だと感じていたのですが、グループ企業で開発した技術や製品を使うことが多く、パブリッククラウドサービスを使った事例がほとんどありませんでした。今後のキャリアを考えた時に、パブリッククラウドサービスを使った開発スキルを習得し、実務経験を積みたいという思いがあり、新たな環境への転職を志しました。

そのような時に、転職エージェント経由でNRIからスカウトされました。「最新技術に挑戦できる」というメッセージに惹かれたのと、環境面で前職と同じ日系企業である点に魅力に感じ、NRIでキャリアを積もうと決意しました。

お客様のビジネスを支えることが、
自身の「成長」にもつながる。

入社後は、最新技術を用いて金融系のお客様のDX化を事業本部とともに推進する、というミッションを持つ部署に配属されました。最初に携わったのは銀行向けのシステムを、オンプレミスからパブリッククラウド環境に移行するプロジェクトで、コンテナを使用した基盤の構築を担当しました。

その後は、証券会社のお客様向けに、今後のビジネスを担うパブリッククラウドやコンテナ技術を活用した新しいシステム基盤の設計・構築を担当しています。大規模システムながら、新サービスをスピーディーにリリースできる基盤が求められており、お客様とも日々会話しながら進めています。

初めて使う技術も多く問題が発生することも少なくありませんが、出てきた問題を分析して解消し、システムのリリースにつなげていくことにやりがいを感じています。また、今後も役立つであろう新技術を着実に習得できていることも実感しています。新技術の調査、検証をする技術者が実際にプロジェクトに携わっているところも前職との違いで、得た知見がしっかり実際のプロジェクトに還元されていると感じます。

技術力や人間力の根底に、
NRI独自のカルチャーあり。

NRIに入社して感じたのが、社員の技術レベルの高さです。配属されたのは基盤系の部署ですが、基盤だけでなくアプリケーションの技術にも詳しい方が多く驚きました。クラウドサービスに関する知見も深く、社外で講演している方もいて、予想以上でした。また、単に技術力があるだけではなく、それを活かしてお客様にレベルの高い提案をする力に長けていると感じています。お客様にとって大切なことを見極め、物事を着実に前に進めていける人が多いです。

こうした社員が多いのは、NRIの人材育成支援や組織カルチャーが根底にあると感じています。研修が豊富なのはもちろん、パブリッククラウド等の最新技術を含む資格取得のサポートも充実しています。私が所属する部署では、社外のオンライン学習サービスやオンラインの英会話を契約しており、いつでも学習ができます。また、全社単位での情報交換、勉強会が活発に行われています。チャットでお勧めの研修情報が連携されてきたり、分からないことを質問すると答えてくれたりします。NRI全体で知識をキャッチアップし、お客様のビジネスに価値をもたらそうとするカルチャーがあります。

今後のキャリアとしては、クラウドサービスの知識を深め、お客様に最適なアーキテクチャを提案できるようになりたいと考えています。クラウドを活用することで、基盤とアプリの境目がなくなってくるので、フルスタックで対応できるエンジニアを目指します。また、革新的なサービスを他社より早く世の中に提供したいお客様に対して、技術面で貢献していきたいと考えています。現在は金融系のお客様が中心ですが、獲得したスキルやノウハウを他の業界にも展開していきたいです。

※内容はインタビュー当時のものです。